スタッフブログ

糖尿病について

2020年3月27日

 

糖尿病について

糖尿病になると膵臓からでるインスリンというホルモンの作り方や使い方に問題が起き十分に働かなくなり、摂取した食物アレルギーを正常に代謝できなくなります。                                   インスリンは血糖を正常範囲に保つ役割をしますがインスリンの作用不足により、血糖が高くなってしまいます。                       血糖値が何年も高い状態で放置されると血管が傷ついていき将来的に様々な病気に繋がってしまいます。

 

糖尿病の種類】

糖尿病には大きくわけて次の2つのタイプがあります。

☆2型糖尿病☆

インスリンが分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病です。         2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、10人中9人以上はこのタイプで若い人でも発症する場合もありますが、ほとんどの場合は40歳を過ぎてから発症します。

糖尿病になる要因はさまざまで食生活などの環境因子と体質(遺伝)の組み合わせで起こると考えられていて単に甘いものの食べ過ぎということだけが原因ではありません。                                 2型糖尿病の治療の基本は運動と適切な食時指導でこれらを続けながら薬による治療を行っていく場合が多いです。

2型糖尿病の治療治療に使われる薬に様々な種類があり、最初は飲み薬から始める場合が多くそれでも血糖値が下がらない場合はインスリン注射が用いられたりしてそれぞれ糖尿病の状態に合わせて使います。

 

☆1型糖尿病☆

膵臓がインスリンをほとんど、または少しも作ることができない状態である糖尿病です。                                  糖尿病の患者さんのうち10人中1人もいません。

若い方の糖尿病では1型糖尿病が多いですが、年齢に関係なく発症がみられます。1型糖尿病の治療はインスリン注射をしたければなりません。

 

 

糖尿病の症状】

☆2型の症状☆

・疲労感が強くなる

・皮膚が乾燥しやすい

・手足など末端の感覚が低下する

・感染症にかかりやすくなる

・頻尿

・のどの渇きがひどくなる

・目がかすむ

・勃起不全

・皮膚の傷が治りにくい         等

2型は初期段階では自覚症状が全くないことが多く症状が現れるとしてもゆっくり少しずつです。

 

☆1型の症状☆

・疲労感が強くなる

・のどが渇く

・頻尿

・急激な体重減少           等

1型の症状は突然現れる場合が多いです。

これらの症状に心当たりがあれば病院を受診するようにして下さい。

 

 

糖尿病になってしまったら】

糖尿病だと診断を受けてもほとんど自覚症状がない場合でも合併症を引き起こす可能性は高くなることが分かっているので注意が必要となります。

ですが、治療や生活習慣を見つめ直すことで合併症のリスク下げられ、普通に生活できるようになります。

糖尿病の治療は薬を一生飲み続けないといけないのかというとそういうことでもなく、食事後に限って血糖値が高くなる食後高血糖の早期の段階であれば薬や食生活の改善や運動療法の効果によっては薬を減らしていくこともできるケースもあるので諦めずに向き合っていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます☺

今回は糖尿病についてかきました。

 

来週のブログもお楽しみください‼

 

ネット簡単予約はこちら⇩

https://tl-appt.com/reserve/9QUM04YCUE/

 

お問い合わせ


				お気軽にお問い合わせご相談ください!
				お問い合わせご相談はこちら
				スマホの方はタップで電話がかけられます
				03-5654-7322
TOPへ戻る